求人情報から何を知る?

漠然と求人情報を見ていると、企業がどのような人材をイメージしているのか見失いがちです。求人を出す際には企業側は欲しい人材のイメージが既にできていることが多いようです。その中で、ほぼ似たようなレベルの求職者の中から条件の合う人材を選ぶのです。
ですから、求人情報を漠然と見ているだけでは、ミスマッチが起こりやすくなるのです。そのようなことがないよう、求人情報と自分がどれだけマッチするかを見極めることが、就職活動を制することにつながるのです。

例えば、求人票に経理責任者の募集がありました。応募資格として、実務経験3年以上、簿記検定2級以上と記載されていたら、どのような人材をイメージしますか?
入社前に簿記2級を取得していたことから、新卒で経理部に配属されて3年まじめに勤務して、そろそろ転職を考え始めた比較的大規模な会社の会社員。そのような人材をイメージしたら大きな間違いです。

求人求人の最初にあった、経理責任者、そして実務経験と簿記検定の「以上」の文字、この情報からだけでもギリギリのラインでは求人企業のイメージとは程遠いことを理解しなければなりません。
なぜなら、このレベルは最低ラインだからです。このような求人内容で、最低ラインの人材を採用することは滅多にありません。この求人が求めているのは、経理の責任者としてゼロから決算まですべてを任せられる人材です。経理の部署での実務経験ではなく、経理責任者としての実務経験なのです。

求人また、簿記2級も最低ラインで、もし1級取得者が応募したら、人物や他の問題がなければそちらが選ばれます。
このように少ない情報からでも、物の見方を変えたら核心に迫ることができるのです。しかし、これも一朝一夕ではなかなか見極めることはできません。求人情報を読み解くには、求人企業の立場で考える必要もあるのです。

求人情報と自分のマッチング

求人求人情報からどのような人材が求められているかがわかったら、次は、自分がどのような人材かを知る必要があります。過大評価と過小評価どちらも後悔することになります。過大評価をして応募したら、採用される可能性が低くなり、就職活動する時間だけが過ぎてしまいます。
過小評価をして採用されたら、本来ならもっとキャリアアップや、やりがいのある仕事ができたはずなのにという思いを抱えてしまうことになります。そのどちらにも偏らず、適正な評価をすることで、自分に合った求人を見つけることができるのです。